【糸島 整体 肩こり】40代デスクワーカーさんに多い「肩こり」の原因とおすすめのセルフケア

姿勢改善&セルフケア

”しつこい肩こり”をスッキリさせたい!40代デスクワークの方へ

・「マッサージ受けても、肩こりが楽にならない…」
・「寝ても疲れが取れない…」
・「湿布や温めシートをつかっても肩こりが軽くならない…」
・「デスクワークの肩こりの原因って?」


こういった疑問に答えます。

【この記事で分かること】

・40代デスクワーカーさんに多い「肩こり」の原因
・ 酸欠姿勢とは?
・ 酸欠姿勢になってしまう原因
・ 30秒でわかる!「酸欠姿勢」セルフ診断チェック
・ 自宅で簡単に「酸欠姿勢」をリセットするセルフケア
・運動習慣がない人でも、問題ない理由

【この記事の信頼性】

この記事を書いている、私は
・鍼灸国家資格取得(2003年)
・鍼灸整体師歴18年
・施術人数20000人以上
・都内接骨院 副院長 
・都内リハビリテーション病院  チーフ 
・ナチュラルケア整体・鍼灸院 院長(2011年開業)
・ナチュラルケア糸島 院長(2019年移転)
・セミナー講師として5年間で約300人の方に美と健康の講座を開催

こういった、私が解説していきます

40代デスクワーカーさんに多い「肩こり」の原因

「仕事中に肩こりが気になる」

「寝ても肩の疲れが抜けない」

「だるくて元気がでない」

「寝ても寝ても、眠い」

「寝ても疲れがとれない」

それ、「酸欠姿勢」が原因かもしれません。

座りっぱなし、スマホやパソコンを見っぱなし…

そんな習慣でどんどん姿勢が悪くなり「酸欠姿勢」になってしまう人が続出しています。

酸欠姿勢とは?

酸欠姿勢とは、猫背や巻き肩によって、呼吸が浅くなっている体の状態。

呼吸の浅いカラダ=「酸欠」となっているために、肩こりや疲れやすいなどの症状が起きやすいカラダになっていることです

酸欠姿勢になってしまう原因

30代~40代になると、多くの女性は、仕事、育児、家事、介護などの忙しい生活に追われストレスフルの環境に。

その精神的ストレスや生活リズムの乱れなどで体はギュッと縮こまり「筋緊張」を起こします

すると、巻き肩となるために呼吸の浅い=酸欠姿勢になってしまいます。

その結果、体の機能をコントロールしている「自律神経」が乱れてしまいます

このように現代女性を取り巻く環境って筋緊張と自律神経が乱れる要因ばかり・・・

でも、ストレスや疲れによる筋緊張を取り除き、それに合わせて自律神経を整えることで、

巻き肩が改善し呼吸が深い本来の正しいカラダに変わり、酸欠状態から卒業でき

「快適にに動ける時間が増やす」ことができます!

30秒でわかる! 「酸欠姿勢」セルフ診断チェック

①:立って、きをつけ姿勢

②:あなたはどっち?

③:結果は・・・

自宅で簡単に「酸欠姿勢」をリセットするセルフケア

このエクササイズが行ったあと、もう1度↑の「姿勢」をチェックしてみてください!

肘の角度が変わっていたら、成功です!

運動習慣がない方でも、問題ない理由

結論として、今まで運動習慣がない人でも姿勢は改善できます。
なぜなら、誰でも最初は苦手意識がある状態からスタートしますし、みなさん練習することで、徐々にうまくなります。

今では慣れて、迷ったり、不安になることなく、気持ちよく姿勢を改善するセルフ整体を習慣にしていますが、私自身も、はじめたときは、動きに迷ったりぎこちなかったですし、半信半疑でスタートしました。

でも、その状態でも続けることで、少しづつ少しづつ迷いも減り、姿勢が変化しました。

ここまで読んだ方は
もしかすると、「セルフ整体で姿勢を整えることは、向き不向きがあるんではないか?」と思うかもです。

しかし、問題ありません
練習すれば徐々に上達します

私のクライアントは、みなさん初心者でしたけど、練習されたことで見た目痩せできるようになりました。

なので、初めてでも
苦手でも、問題ありません。

終わりに

肩こり、酸欠姿勢になる理由や、姿勢改善のセルフケアをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

原因と違ったケアを行ってしまうと、反対に姿勢が悪くなることも。

肩こりや酸欠姿勢の改善には、「姿勢(運動)、睡眠、食事のバランス」が大事です

是非、正しいアプローチで理想の体を手に入れてください。

【2021年12月末限定】施術500円割引クーポンプレゼント中

施術500円割引クーポンはこちら
↓↓↓
https://lin.ee/6yCwM0

タイトルとURLをコピーしました